TOP > 人材育成 > 新井副理事長講演[精密工学会 生産・経営知識学専門委員会]

新井副理事長講演[精密工学会 生産・経営知識学専門委員会]
(2017年11月13日)

公益社団法人精密工学会 生産・経営知識学専門委員会(委員長:荒井栄司・大阪大学大学院工学研究科教授)において、『ロボット技術の成果と課題』と題し、IRID新井副理事長が講演しました。
(日にち:2017年11月13日、会場:大阪大学中之島センター)

90分の講演では、廃炉作業の内容、IRIDの役割、廃炉ロボットの投入実績と課題を動画もまじえて説明し、精密工学会ということで、終盤は設計上の課題や研究者への期待を説明し、終了しました。
当日会場は満席となり、講演後会場との質疑応答においても活発に手があがり、予定時間をオーバーする大変中身の濃い講演となりました。

IRIDでは、今後も大学や研究機関等への出前講座や講演などを通じ、連携を積極的に進めてまいります。

当日の講演スケジュール
○ 司会進行 荒井栄司・大阪大学大学院工学研究科教授
○ 講演1『ロボット技術の成果と課題』
新井民夫 IRID副理事長/東京大学名誉教授
○ 講演2『ロボット研究開発の退歩と進歩』
新井健生 電気通信大学客員教授/北京理工大学教授/大阪大学名誉教授

  • [写真]クリックすると大きいサイズの画像が開きます。

【写真】

  • 進行役・荒井教授

  • 講演する新井IRID副理事長

  •  

  • 会場との質疑応答

人材育成