TOP > 人材育成 > 横井開発企画室長 出前授業[小山工業高等専門学校]

横井開発企画室長 出前授業[小山工業高等専門学校](2014年12月8日)

2014年12月8日、小山工業高等専門学校(栃木県小山市)において、当組合の横井開発企画室長が、福島第一原子力発電所で使用されているロボット開発の現状について出前授業を行いました。
これは、小山高専・機械工学科からの依頼を受け、将来の研究開発を担う若手の人材育成という観点から、当組合として協力したものです。

第1部の講演会では、生徒・教員あわせて50名以上が参加。福島第一原子力発電所の廃炉に向けた取り組みの現状やロボット開発の状況などについて、熱心に耳を傾けていました。
第2部では、電気科と機械工学科の研究室において、生徒たちによる自作ロボットの実演が行われました。実演後、生徒たちからは「良い科学者とはどういう人か」「ロボットを作る際に、まず一番最初にやるべきことは何か」「放射線のノイズ対策はどうしているか」など多くの質問をいただき活発な意見交換を行いました。

開催日時:2014年12月8日(月)16:30~18:30
     第1部 講演「福島第一原子力発電所廃炉作業におけるロボットの活用」
     第2部 生徒たちによるロボット実演と意見交換
開催会場:小山工業高等専門学校 図書情報センター

※小山高専は、「アイデア対決・全国高等専門学校ロボットコンテスト2014全国大会」においてベスト8に進出するなど、物作りや研究等における地域交流が盛んな高等専門学校で、デザインコンペティション、プログラミングコンテスト、学外研究発表などにも積極的に参加し、全国に誇る目覚ましい成果を収めています。

  • [写真]クリックすると大きいサイズの画像が開きます。

【写真】

人材育成