TOP > 人材育成 > MIT‐東工大革新的原子力システムに関するワークショップ(MIT-Tokyo Tech Workshop on Innovative Nuclear Energy System)でIRIDが講演

MIT‐東工大革新的原子力システムに関するワークショップ(MIT-Tokyo Tech Workshop on Innovative Nuclear Energy System)でIRIDが講演
(2017年10月27日)

2017年10月26日~28日の3日間、マサチューセッツ工科大学(MIT、米国ボストン)にて開催されたMIT‐東工大革新的原子力システムに関するワークショップで、IRID奥住開発計画部部長が「R&D activities for Fukushima Daiichi Nuclear Power Station Decommissioning」と題して、廃炉に関する研究開発状況のうちPCV内部調査、デブリ取り出し技術開発を中心に報告いたしました。

参加者はMIT教授、学生、東工大教授、学生など合計約30名で、活発なご質疑を頂きました。また両大学と産業界の協業の可能性についても議論いたしました。

  • [写真]クリックすると大きいサイズの画像が開きます。

【写真】

  •  

人材育成